>
著作・講演等

著作・講演等 一覧

2019/05/21 沖田美恵子弁護士及び魚住遼弁護士が執筆した記事が雑誌掲載されました。
沖田美恵子弁護士及び魚住遼弁護士が執筆した「従業員が刑事事件を起こした際の法務部対応(上)」と題する論稿が、ビジネス法務2019年7月号に掲載されました。
2019/05/01 福谷賢典弁護士が執筆した記事が雑誌掲載されました。
福谷賢典弁護士が執筆した「ここが変わる 相続法改正と窓口対応-〈第6回〉遺言執行の妨害行為の効力等、遺留分制度に関する見直し」と題する論稿が、銀行法務21 842号(2019年5月号)に掲載されました。
2019/04/25 古澤拓弁護士が執筆した記事が雑誌掲載されました。
古澤拓弁護士が執筆した「金融判例に学ぶ営業店OJT(融資業務編)―貸金の連帯保証契約における意思能力―」と題する論稿が、金融法務事情2112号(2019年4月25日号)に掲載されました。
2019/04/01 福谷賢典弁護士が執筆した記事が雑誌掲載されました。
福谷賢典弁護士が執筆した「ここが変わる 相続法改正と窓口対応-〈第5回〉遺言執行者の権限の内容・復任権」と題する論稿が、銀行法務21 841号(2019年4月号)に掲載されました。
2019/03/01 福谷賢典弁護士が執筆した記事が雑誌掲載されました。
福谷賢典弁護士が執筆した「特集 改正入管法で増える 外国人顧客の営業店対応」と題する論稿が、月刊銀行実務719号(2019年3月号)に掲載されました。
2019/03/01 福谷賢典弁護士が執筆した記事が雑誌掲載されました。
福谷賢典弁護士が執筆した「ここが変わる 相続法改正と窓口対応-〈第4回〉自筆証書遺言に係る遺言書の保管制度の創設」と題する論稿が、銀行法務21 839号(2019年3月号)に掲載されました。
2019/02/05 島田邦雄弁護士が執筆した記事が雑誌掲載されました。
島田邦雄弁護士が執筆した(執筆協力:石川智史弁護士)「平成31年株主総会の実務対応(1) 本年株主総会に向けての留意点」と題する論稿が、旬刊商事法務2189号(2019年2月5日号)に掲載されました。
2019/02/01 福谷賢典弁護士が執筆した記事が雑誌掲載されました。
福谷賢典弁護士が執筆した「ここが変わる 相続法改正と窓口対応-〈第3回〉自筆証書遺言の方式緩和」と題する論稿が、銀行法務21 838号(2019年2月号)に掲載されました
2019/01/29 沖田美恵子弁護士が講演を行いました。
2019年1月29日に、沖田美恵子弁護士が、経営法友会主催の「企業における下請法の留意点と法務部門の対応 ~下請法の基本を押さえる~」と題する講演を行いました。
2019/01/04 福谷賢典弁護士が執筆した記事が雑誌掲載されました。
福谷賢典弁護士が執筆した「ここが変わる 相続法改正と窓口対応-〈第2回〉一部分割」と題する論稿が、銀行法務21 837号(2019年1月号)に掲載されました。
2018/12/03 福谷賢典弁護士が執筆した記事が雑誌掲載されました。
福谷賢典弁護士が執筆した「ここが変わる 相続法改正と窓口対応-〈第1回〉家庭裁判所の判断によらない預貯金の払戻し」と題する論稿が、銀行法務21 836号(2018年12月号)に掲載されました。
2018/11/20 高田祐史弁護士及び藤瀬裕司弁護士が講演を行いました。
2018年11月20日に、高田祐史弁護士及び藤瀬裕司弁護士が、一般社団法人流動化・証券化協議会において、「第6回実践講座⑥『流動化・証券化における真正譲渡に係る論点(具体的な事例およびコメントを交えて)』」と題する講演を行いました。
2018/11/01 『営業店における相続法改正対応実践コース』が刊行されました。
福谷賢典弁護士、川島亜記弁護士、松田絢士郎弁護士、坂本哲也弁護士、
日野正実弁護士および伊藤巧真弁護士が執筆に参加した、『営業店における
相続法改正対応実践コース』(通信講座テキスト)が、株式会社きんざいから
刊行されました。
2018/10/25 藤瀬裕司弁護士が執筆した記事が雑誌掲載されました。
藤瀬裕司弁護士が執筆した「リーディング金融法務-相続法の改正等と証券会社に対する預り金返還請求権」と題する論稿が、金融法務事情2100号(2018年10月25日号)に掲載されました。
2018/10/10 古澤拓弁護士が執筆した記事が雑誌掲載されました。
古澤拓弁護士が執筆した「金融判例に学ぶ営業店OJT(融資業務編)―所有権留保の付された動産について設定された集合動産譲渡担保の有効性―」と題する論稿が、金融法務事情2099号(2018年10月10日号)に掲載されました。
2018/09/26 圓道至剛弁護士が講演を行いました。
2018年9月26日に、圓道至剛弁護士が、金融財政事情研究会主催の金融法務懇話会(東京)において「金融取引訴訟のポイント」と題する講演を行いました。
2018/09/21 沖田美恵子弁護士が執筆した記事が雑誌掲載されました。
沖田美恵子弁護士が執筆した「下請法違反の早期発見へ向けた社内調査のポイント」と題する論稿が、ビジネス法務2018年11月号に掲載されました。
2018/09/19 圓道至剛弁護士が講演を行いました。
2018年9月19日に、圓道至剛弁護士が、第二東京弁護士会主催の弁護士向け基礎一般研修において「裁判官を説得するための民事訴訟実務の留意点」と題する講演を行いました。
2018/09/07 圓道至剛弁護士が講演を行いました。
2018年9月7日に、圓道至剛弁護士が、金融財政事情研究会主催の金融法務懇話会(福岡)において「金融取引訴訟のポイント」と題する講演を行いました。
2018/08/27 島田邦雄弁護士が執筆した記事が雑誌掲載されました。
島田邦雄弁護士が執筆した「リーディング金融法務-銀行預金再考―口座維持手数料と休眠口座管理―」と題する論稿が、金融法務事情2096号(2018年8月25日号)に掲載されました。
2018/08/27 沖田美恵子弁護士が講演を行いました。
2018年8月27日に、沖田美恵子弁護士が、株式売社プロネクサス主催の「日本版司法取引(合意制度)の概要と運用実務」と題する講演を行いました。
2018/08/21 圓道至剛弁護士が執筆した記事が雑誌掲載されました。
圓道至剛弁護士が執筆した「和解の種類別メリット・デメリットと利用上の留意点」と題する論稿が、ビジネス法務2018年10月号に掲載されました。
2018/07/10 圓道至剛弁護士が執筆した記事が雑誌掲載されました。
圓道至剛弁護士が執筆した「裁判手続等のIT化にむけた取組みへの期待」と題する論稿が、金融法務事情2093号(2018年7月10日号)の「OPINI論」欄に掲載されました。
2018/06/08 沖田美恵子弁護士が講演を行いました。
2018年6月8日に、沖田美恵子弁護士が、経営調査研究会主催の「日本版司法取引(合意制度)と想定される運用実務~企業犯罪を中心に、『合意制度によって標的とされた場合にどうすべきか』まで~」と題する講演を行いました。
2018/05/30 圓道至剛弁護士がパネルディスカッションに参加しました。
2018年5月30日に、圓道至剛弁護士が、レクシスネクシス・ジャパン株式会社主催の「Business Law Journal カンファレンス 法務業務のIT化・効率化 ~Legal×AIでどう変わるのか?~」において、裁判手続等のIT化に関するパネルディスカッションに参加しました。
2018/05/25 瀧本文浩弁護士の受けたインタビュー記事が、商事法務ポータルサイトに掲載されました。
瀧本文浩弁護士の受けたインタビュー記事(「一流企業が真に信頼する法律事務所はどこか? ①島田法律事務所インタビュー」)が、商事法務ポータルサイトに掲載されました。
2018/03/25 圓道至剛弁護士が執筆した記事が雑誌掲載されました。
圓道至剛弁護士が執筆した「金融取引訴訟実務入門-被告金融機関の訴訟対応の基礎と留意点-〈第6回・完〉訴訟手続上の留意点③」と題する論稿が、金融法務事情2086号(2018年3月25日号)に掲載されました。
2018/02/26 福谷賢典弁護士が講演を行いました。
2018年2月19日および同月26日に、福谷賢典弁護士が、一般社団法人金融財政事情研究会主催の「融資問題研究会」(大阪・東京)において、「再点検 代表的な私的整理の手法と留意点 ―金融庁ベンチマークへの対応を踏まえて―」と題する講演を行いました。
2018/02/25 圓道至剛弁護士が執筆した記事が雑誌掲載されました。
圓道至剛弁護士が執筆した「金融取引訴訟実務入門-被告金融機関の訴訟対応の基礎と留意点-〈第5回〉訴訟手続上の留意点②」と題する論稿が、金融法務事情2084号(2018年2月25日号)に掲載されました。
2018/01/25 圓道至剛弁護士が執筆した記事が雑誌掲載されました。
圓道至剛弁護士が執筆した「金融取引訴訟実務入門-被告金融機関の訴訟対応の基礎と留意点-〈第4回〉訴訟手続上の留意点①」と題する論稿が、金融法務事情2082号(2018年1月25日号)に掲載されました。
2018/01/11 福谷賢典弁護士が執筆した記事が雑誌掲載されました。
福谷賢典弁護士が執筆した「信販会社に留保された自動車の所有権と法的整理手続―最一小判平29.12.7―」と題する論稿が、金融法務事情2081号(2018年1月10日号)に掲載されました。
2018/01/04 『マイナンバーと銀行取引の徹底理解』が刊行されました。
福谷賢典弁護士、川島亜記弁護士および古澤拓弁護士が執筆した『マイナンバーと銀行取引の徹底理解』(通信教育マイナンバー銀行実務講座 テキスト1)が、株式会社銀行研修社から刊行されました。
2017/12/25 藤瀬裕司弁護士が執筆した記事が雑誌掲載されました。
藤瀬裕司弁護士が執筆した「リーディング金融法務-不動産特定共同事業法の改正は不動産流動化に変化をもたらすか」と題する論稿が、金融法務事情2080号(2017年12月25日号)に掲載されました。
2017/12/25 圓道至剛弁護士が執筆した記事が雑誌掲載されました。
圓道至剛弁護士が執筆した「金融取引訴訟実務入門-被告金融機関の訴訟対応の基礎と留意点-〈第3回〉原告の典型的主張③」と題する論稿が、金融法務事情2080号(2017年12月25日号)に掲載されました。
2017/12/21 石川智史弁護士が講演を行いました。
2017年12月21日に、石川智史弁護士が、SMBCコンサルティング株式会社主催のビジネスセミナーにおいて、「民法(債権法)改正に伴うビジネス契約書の各条項の修正・改訂対応」と題する講演を行いました。
2017/12/01 木村和也弁護士が執筆した記事が雑誌掲載されました。
木村和也弁護士が執筆した「コンプラが充実する独禁法の道標3 事業者団体の参加者におけるコンプライアンス」と題する論稿が、Business Law Journal(2018年1月号・2017年11月発売)に掲載されました。
2017/11/25 沖田美恵子弁護士が執筆した記事が雑誌掲載されました。
沖田美恵子弁護士が執筆した「組織的犯罪処罰法の改正と企業活動への影響を考える~テロ等準備罪の導入とマネーロンダリングの前提犯罪拡大を中心に~」と題する論考が、会社法務A2Z 127号(2017年12月号)に掲載されました。
2017/11/25 半場秀弁護士が執筆した記事が雑誌掲載されました。
半場秀弁護士が執筆した「リーディング金融法務 債権差押命令の申立書記載の遅延損害金に係る充当対象―最三小決平29.10.10を踏まえて―」と題する論考が、金融法務事情2078号(2017年11月25日号)に掲載されました。
2017/11/25 圓道至剛弁護士が執筆した記事が雑誌掲載されました。
圓道至剛弁護士が執筆した「金融取引訴訟実務入門-被告金融機関の訴訟対応の基礎と留意点-〈第2回〉原告の典型的主張②」と題する論稿が、金融法務事情2078号(2017年11月25日号)に掲載されました。
2017/11/21 高田祐史弁護士及び藤瀬裕司弁護士が講演を行いました。
2017年11月21日に、高田祐史弁護士及び藤瀬裕司弁護士が、一般社団法人流動化・証券化協議会において、「第5回実践講座⑤『流動化・証券化における真正譲渡に係る論点(具体的な事例およびコメントを交えて)』」と題する講演を行いました。
2017/10/25 圓道至剛弁護士が執筆した記事が雑誌掲載されました。
圓道至剛弁護士が執筆した「金融取引訴訟実務入門-被告金融機関の訴訟対応の基礎と留意点-〈第1回〉訴訟の動向、原告の典型的主張①」と題する論稿が、金融法務事情2076号(2017年10月25日号)に掲載されました。
2017/10/24 『金融法講義 新版』が刊行されました。
古澤拓弁護士が執筆に協力した『金融法講義 新版』(神田秀樹・神作裕之・みずほフィナンシャルグループ編著)が、株式会社岩波書店から刊行されました。
2017/10/06 『民法改正のポイントと実務対応』が刊行されました。
冨岡孝幸弁護士、吉野彰弁護士及び前田直哉弁護士が執筆した『民法改正のポイントと実務対応』が、ジェネシスビジネス出版から刊行されました。
2017/10/06 島田邦雄弁護士らが執筆した記事が雑誌掲載されました。
季刊事業再生と債権管理158号(2017年秋号)の特集「取引先が倒産!そのときどうする!?―取引先の倒産・再生と企業の対応」に、島田邦雄弁護士ら当事務所所属の弁護士9名がそれぞれ執筆した論稿が掲載されました。
2017/09/16 圓道至剛弁護士のコメントが新聞掲載されました。
2017年9月16日付け日本経済新聞(夕刊)9面「傍聴人に分かりやすい裁判へ お堅い最高裁が変化 判決理由を説明、争点の資料配付」と題する記事に、圓道至剛弁護士のコメントが掲載されました。
2017/08/05 『取締役・取締役会の法律実務Q&A』が刊行されました。
島田邦雄弁護士が編集・執筆し、当事務所所属の弁護士7名が執筆に参加した『取締役・取締役会の法律実務Q&A』が、株式会社商事法務から刊行されました。
2017/07/24 島田邦雄弁護士のコメントが新聞掲載されました。
2017年7月24日付け日本経済新聞13面「支配権争い時の増資 資金調達の合理性カギ」と題する記事に、島田邦雄弁護士のコメントが掲載されました。
2017/07/18 大久保由美弁護士が講義を行いました。
2017年7月15日に、大久保由美弁護士が、実践女子大学「女性リーダー育成塾」において、女性の管理職・管理職候補者に向けて、「コーポレート・ガバナンス」、「労務」に関する講義を行いました。
2017/07/10 福谷賢典弁護士が執筆した記事が雑誌掲載されました。
福谷賢典弁護士が執筆した「有期契約労働者についての『不合理な労働条件』の検討―近時の裁判例等を踏まえて―」と題する論稿が、金融法務事情2069号(2017年7月10日号)に掲載されました。
2017/07/08 圓道至剛弁護士のコメントが新聞掲載されました。
2017年7月8日付け日本経済新聞12面「出光増資 差し止めの行方は」と題する記事に、圓道至剛弁護士のコメントが掲載されました。

 

Page Top