石川智史弁護士が執筆した「大企業とスタートアップとの協業の現状と課題~取引上の留意点を含めて~」と題する論稿が雑誌掲載されました。

石川智史弁護士が執筆した「大企業とスタートアップとの協業の現状と課題~取引上の留意点を含めて~」と題する論稿が、Disclosure & IR誌vol.23(2022年11月号)に掲載されました。

圓道至剛弁護士が執筆した『企業法務のための民事訴訟の実務解説<第3版>』が刊行されました。

圓道至剛弁護士が執筆した『企業法務のための民事訴訟の実務解説<第3版>』が第一法規株式会社から刊行されました。

前田直哉弁護士が執筆に参加した「地方銀行のコーポレートガバナンスの現在地―株主との対話に向けて―」と題する論稿が雑誌掲載されました。

前田直哉弁護士が執筆に参加した「地方銀行のコーポレートガバナンスの現在地―株主との対話に向けて―」と題する論稿が、金融法務事情第2196号(2022年10月25日号)に掲載されました。

島田邦雄弁護士が編集・執筆し、筬島裕斗志弁護士、大久保由美弁護士、吉野彰弁護士、瀧本文浩弁護士、木村和也弁護士、高田祐史弁護士、福谷賢典弁護士が執筆した『取締役・取締役会の法律実務Q&A〔第2版〕』が刊行されました。

島田邦雄弁護士が編集・執筆し、筬島裕斗志弁護士、大久保由美弁護士、吉野彰弁護士、瀧本文浩弁護士、木村和也弁護士、高田祐史弁護士、福谷賢典弁護士が執筆した『取締役・取締役会の法律実務Q&A〔第2版〕』が、株式会社商… 続きを読む 島田邦雄弁護士が編集・執筆し、筬島裕斗志弁護士、大久保由美弁護士、吉野彰弁護士、瀧本文浩弁護士、木村和也弁護士、高田祐史弁護士、福谷賢典弁護士が執筆した『取締役・取締役会の法律実務Q&A〔第2版〕』が刊行されました。

福谷賢典弁護士が執筆した「「不測の事態」における無権代理人からの預金払出依頼への実務対応」と題する論稿が雑誌掲載されました。

福谷賢典弁護士が執筆した「「不測の事態」における無権代理人からの預金払出依頼への実務対応」と題する論稿が、月刊銀行実務761号(2022年9月号)に掲載されました。

石川智史弁護士、高田祐史弁護士、福谷賢典弁護士、前田直哉弁護士、安平武彦弁護士、三本松次郎弁護士、伊藤巧真弁護士、井村旭弁護士、尾形達彦弁護士および柏山俊朗弁護士が執筆に参加した『金融機関の法務対策 6000講』が刊行されました。

石川智史弁護士、高田祐史弁護士、福谷賢典弁護士、前田直哉弁護士、安平武彦弁護士、三本松次郎弁護士、伊藤巧真弁護士、井村旭弁護士、尾形達彦弁護士および柏山俊朗弁護士が執筆に参加した『金融機関の法務対策 6000講』が、一般… 続きを読む 石川智史弁護士、高田祐史弁護士、福谷賢典弁護士、前田直哉弁護士、安平武彦弁護士、三本松次郎弁護士、伊藤巧真弁護士、井村旭弁護士、尾形達彦弁護士および柏山俊朗弁護士が執筆に参加した『金融機関の法務対策 6000講』が刊行されました。

福谷賢典弁護士、川島亜記弁護士及び安平武彦弁護士が執筆した『マイナンバーと銀行取引の徹底理解』が刊行されました。

福谷賢典弁護士、川島亜記弁護士及び安平武彦弁護士が執筆した『マイナンバーと銀行取引の徹底理解』(デジタル改革法・預金付番で変わる マイナンバー銀行実務講座 テキスト1)が、株式会社銀行研修社から刊行されました。

角紀代恵弁護士が執筆した『ライブラリ法学基本講義5 基本講義 債権総論 第2版』が刊行されました。

角紀代恵弁護士が執筆した『ライブラリ法学基本講義5 基本講義 債権総論 第2版』が、株式会社新世社より刊行されました。

角紀代恵弁護士が執筆した『はじめての担保物権法 第2版』が刊行されました。

角紀代恵弁護士が執筆した『はじめての担保物権法 第2版』が、株式会社有斐閣より刊行されました。

福谷賢典弁護士が執筆に参加した『これ一冊でよくわかる 改正債権法と営業店実務』が刊行されました。

福谷賢典弁護士が執筆に参加した(第5章:預金)、『これ一冊でよくわかる 改正債権法と営業店実務』が、経済法令研究会より刊行されました。